本文へスキップ

豊後大野市犬飼町の宇野医院 内科・外科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097-578-1117

〒879-7301 大分県豊後大野市犬飼町犬飼80-2

院内設備facilities

半導体レーザー治療器

半導体レーザー治療装置です。
高出力のパルスレーザーを用いて痛みを緩和します。
今までのレーザー治療器と比べて、
より深部までレーザー光を伝達します。
一日5分程度で、週3回まで治療が可能です。


レーザーによる疼痛緩和
レーザーによる疼痛緩和による、研究・開発が進み、従来の製品は照射能力が低く、深部層まで達しないものでした、ディレーザソフトパルス10(持田シーメンスメディカルシステム社製)はピーク出力10ワットの高出力パルスのレーザー照射が可能な治療器で、より深くの患部まで、レーザー光を伝達します。肩・手足のほか腰などの深い部位の疼痛にも効果が期待できます。

痛みとは、外からの刺激や、痛みを起こす物質(セロトニンなど)のレーザーによる疼痛緩和
レーザーによる疼痛緩和による、研究・開発が進み、従来の製品は照射能力が低く、深部層まで達しないものでした、ディレーザソフトパルス10(持田シーメンスメディカルシステム社製)はピーク出力10ワットの高出力パルスのレーザー照射が可能な治療器で、より深くの患部まで、レーザー光を伝達します。肩・手足のほか腰などの深い部位の疼痛にも効果が期待できます。
刺激を、皮膚などの神経が感じて、痛みを電気的な信号に換え、神経を通り脳に伝わることで、痛みを感じます。
痛みを伝える神経には、Aδ線維C線維があります。
Aδ線維(早い痛み)は、場所がはっきりとした鋭い痛みを伝え、C繊維(遅い痛み)は、場所がはっきりしないじんじんとした痛みを伝えます。
C線維(遅い痛み)が、弱い持続的刺激が、かゆみと言われています。
当院での痛みの治療
 その1:レーザー治療

 通常の痛みの治療としては、電気刺激を与えたり、冷やしたり、暖めたりすることにより、生体の持つ恒常性を助長し治療を行います。
 これに対し、レーザー治療とは、
生体に熱や電気などの刺激を与えず、痛みを取る治療です

知覚神経に対してのAδ線維とC線維(疼痛伝導線維)への疼痛伝達遮断作用、交感神経に対する興奮の抑制作用、
細動脈へのレーザー光照射による熱を伴わない血管拡張による長時間末梢血流の改善作用などの作用により痛みの悪循環経路を改善し、正常化して痛みを緩和してくれます。


超音波画像装置(US)について


超音波画像装置(US)では、
頸動脈・甲状腺・腹部・消化管・膀胱などのエコー検査が行えます。
この検査は、比較的簡便に、苦痛が少ない検査方法です。


上部消化管内視鏡(5mm)について



上部消化管検査(胃カメラ)の検査が行えます。
5mmの細いファイバーのため、
通常の胃カメラより苦痛が少ない検査方法です。


自動体外除細動装置(AED)・血球測定器・ポータブル心電計




心電図計・ホルター心電図






心電図検査が行えます。24時間の心電図検査も当院で可能です。

頸部・腰部牽引器(右上・左上)・レーザー治療器(左下)
モニタリング装置(左中)・脈波・コロトコフ音記録計(左下)






宇野医院 内科・外科宇野医院 内科・外科

〒879-7301
大分県豊後大野市犬飼町犬飼80-2
TEL 097-578-1117
FAX 097-578-1118
緊急連絡番号:097-578-1181
メール:uno@unoiin.com

宇野医院 携帯ホームページ
http://unoiin.msc.ms2.jp/ http://unoiin.msc.ms2.jp/

リンク

hospita.jp
病院検索歯科検索ホスピタ